ネイルサロンのノウハウサイト ブログを読みながら頑張りたい!!

わからないことは調べながら進んでくださいネ

ネイルサロンチラシ集客でのチラシの配り方と許可



前回は

自宅ネイルサロン集客のチラシに書く効果的な内容

で、見てもらった後に読んでもらう部分のお話をしました。



ここまでで、

まずは、カラー & 黄金率 で、目に止めてもらって、

パッとわかるメリットを書くことで、 読んでみたくなってもらって、

大きなメリット4つを書くことで、 手にとって見たくなってもらって

写真 & 画像でアナタのお店はどんなタイプのお店か知ってもらい

内容 でガッチリわかってもらう!!


でしたね。


この時点で、チラシ作成は完了です。


※チラシを配る場合は地域によっては許可がいる場合があります。
私の県では許可がいらないので、自由にチラシを配れますが、
一度、ご自分の県の警察に電話して配っていいか聞いてみましょう。
(置かせてもらうのはお店の人の許可だけでいいです。)



では、いよいよ、頑張って作ったチラシを川に流しにいきますか♪


↑・・・ おかしいですね。



ですが、かなり似たりよったりの事をしている方がいます。


ブログを読んでいる方も、しっかり考えてくださいね。


あなたならどこに配りますか?置きますか??


例えばですが、チラシを1000枚すりました。

その1000枚をどこで配りますか???

もちろん、配るも置かせてもらうも一緒です。(※ブログでは一緒にします)


どこで、お客様に見てもらいますか??



ここはかなり肝心なところです。



ここで、チラシ1000枚配って3~10人からの電話か、

1000枚配って、50人から電話があるのかの違いぐらいあります。

(※ ↑ 実際にそんな感じです)


同じ広告費をかけて10倍以上の差が出ることも、広告業界では当たり前のようですが、

作り方はさておき、配り方でも全く変わってきます。



という事は、すごくいいチラシが作れても、

配る場所によっては、10分の1しか効果がでないということです。

そうなると、このチラシはダメだったかなぁ・・・とまた作り直して・・・と

かなりもったいないですよね。



逆に配る場所が適切だと、本当は5人からしか連絡がないようなチラシなのに、

10人、20人から連絡があるということもあるということです。



どこに配るかの前に、まずは、どこに配ったかを自分で記録をつける必要があります。


ただなんとなく配っている方は、その時点でおかしいことに気づいてください。


じゃないと、いつまでたっても、1000枚配って50~60、70人と連絡がないままに・・・。



私もそれに気づいたのは、チラシを初めてからダイブ後でしたが、

色々な記録を付け、自分なりにかなりいい方法を見つけました。



この記録の付け方ですが、記録というよりデータですが、

自分がおいた場所と番号を一致させておいて、電話があった時に、どこからの電話かを把握するのと、

どのチラシの反応だったのか!?を書く事が大切です。

このどのチラシの反応というのは、大きく書くメリットの文を変えてみたり、画像を変えてみたり

カラーを変えてみたりして、何枚かずつ作ることで測れます。



場所を A~Z 等にして、 内容を変えたのを 数字 等にすれば、

ある程度は分かりますよね。



そして、それを元にして、ドンドン詰めていくのですが、時間も労力もかかります。


また、住む地域によっても変わってきますが、大体は一緒ですよね。



ですが、ほとんどの方がそれをしてません(汗


それをしずに配ると・・・・  ですね。


まぁ、その分数を配るからいいモン!!と言う方はそれでいいと思いますが、

時間もお金もかなりもったいないですね。


そして、それはマーケティングからいうと・・・マーケティングになってないですね。

趣味や、運に任せてては、経営にはならないので・・・(汗



ですので、1つ1つをしっかりデータでとる事が、この先、自分自身の能力を上げることに繋がります。



私自身が何百店舗と置かせてもらい、チラシもかなりの数作ってみて、

100枚置いて5人以上からは(置いてから期間を決めて)電話をいただけるようになりました。

その場所には何度か置かせてもらいました。



実際、ほとんどの方は0から自分の力、能力を使ってやることになるのですが、

私も1号店2号店と全くの0からやってます。

そして岐阜店では、一刻も早くスタート時にお客様を集めたかったので、

その場所に何度か置かせて頂きましたが、置くたびにしっかり電話があったので

かなり楽にスタートをきれました。


マンションサロンの時は、新しいスタッフが入るたびにチラシを配ってましたが、

同じところに配るだけで電話があるので、そのお店のスタッフさんとも仲良くなり

かなりイロイロな情報をもらったり、スタッフさん自身がお客様に勧めてくれたりしてくれてました。


何時まで通用するのかは分かりませんが、自分で探す事が大切です。




冊子では、どこに、どのように、どうやって配るといいのか
そして、配ったりする時の、かなり確率が上がる言い方等
また、置かせてもらうお店の種類と置かせてもらう時のいい方も手法も書いてます



このブログでは、私がそれを見つけた方法を説明してます。

インターネットを使わないお客様に、いかに効率よく知ってもらうかを考えた末に、

説明した事をしてきました。



始めは大変なので、まずは、少しずつ変えたチラシを作ってみて、

一番反応のいいチラシを見つけるといいです。


そして、一番反応がいいチラシがある程度できたら、

次は同じ枚数配っても、電話がおおいお店や業種を見つけて、

見つかったら、そこでまた、チラシの内容を少しずつ変えてみて、

100枚で何人から電話があるかを調べる。



これをしないと、いつまででも効果のない事をする事になります。



どのようにすればいいのかわかりましたか??


かなり効率よく、探す方法がしっかりブログにもかいてあるので、

しっかり読んでくださいネ。


また、チラシからご来店されるお客様に多いのが、

友達と一緒にチラシをとって、まずは片方がくるパターンが多かったです。

そして、いいサロンだったら、友達も来るっていう作戦??が多いみたいで、

5人電話があったとしたら、スグ近くの日で、一緒にチラシをとった方の予約が入り、

そして、ほぼ100%の確率で、紹介もありました。


インターネットとの違いは、チラシを見るときは友達との場合が多い。


そして、インターネットを使わない方を紹介してくれる場合が多いので、

かなり有効だと思います。


コレで、自宅ネイルサロンでのチラシでの集客は終わりました。


では次回は・・・・ イヨイヨ HP での集客です。


まずは、HPの意味をわかってない方も多いと思いますので、ソコからご紹介しますね。



ではでは、今まで、チラシを配っても効果がなかった!!と言う方は、

イロイロな方法を試してみてください。


チラシはインターネットを使わない方からの、一番簡単で、やりやすい方法です。

ポスターもありますが、貼らせてもらえる確率と、チラシを配らせてもらえる確率は全く違います(笑



その辺にポスターを貼るのであれば貼らせてもらえると思いますが、

場所を選ぶと、なかなか貼らせてもらえないのも実情です。


これはHPのあとで・・・。