ネイルサロンのノウハウサイト ブログを読みながら頑張りたい!!

わからないことは調べながら進んでくださいネ

料金を下げたりオフや無料や限定 広告で使うメリットデメリット



今回は、前回の

ネイルサロンの料金設定の仕方つけ方 価値とお客様

に引き続き

料金を下げたりオフや無料や限定を媒体で使うメリットとデメリットです。


はじめに書きますが、私の意見であり、私は経済学者でも、
グチグチ人の文句を言うだけの評論家でもなく、
実際にやってきたことと、私が思うことを書きます。


ですが、実際に書いていることの”思う”部分のデータをすべてとったわけではありませんので、
読みながら自分なりに考えてくださいネ。


私が教えてもらった、また読んできた広告系の本にも、
オフの使い方や、無料の使い方、限定の使い方等、様々な強力な効果のある
特典やメリットの使い方が書いてありますが、
読む本によっては、書いてある言葉が同じでも、意味が全く違って書いてあったり、
書いてある言葉が違っても、いみが全く同じものがあったりしますので、
結局は自己判断か、思考錯誤することになるのですが、
うまくいくかどうかわからないことを、
1冊の本をそのままやっているように見受けられる方がいます。


自分で勉強してやっていきたい方に
私がおすすめするのは、今からしようとしている系統の本を
少なくても3冊は読む事です。


しかも、この3冊は、タイトルは似ていてもいいですが、
作者が違うものでないと意味がないです。


色々な角度からみた知識を入れて、ひとつの知識にしないと、
1人だけの偏った考えでは、痛い思いをしちゃいます。



では、まずはアナタの媒体を見てください。


ブログでもチラシでも雑誌でもHPでも貼りポスターでも看板も全てです(笑


オフや、○○無料、○○限定、ズート同じものが載ってないですか?
(常に日にちを変えてます!!とか堂々という方は
何を話しても本質が無理なので考え方を変える必要があると思います。)




いきなり厳しい言葉ですが

もし、1年以上載せているお店様は、既にそれが自分のお店の価値になってます。


そして、もし、料金を元にしようものなら、ある一定のお客様は離れていきます。


だって、その方達から言うと、その○○円オフや、○○%オフ等の料金が

アナタのお店の正当の価値だと思っているから。(思わせたのはあなたです)


ですので、私もあるお店に買い物に行くときには、

あっ、あそこいつも○月に○○オフするからそんとき行こ!!

それ以外のときはそのお店には行きません。

当然です。自称賢い消費者なので(笑
(もちろんその○○オフでも絶対に利益が出ていることを知ってます。)



だって本当の料金は○月のオフの時だと思っているから、

普段行くと高く感じるんですよね(汗


ですが、好きなブランドを買いに行くときは、実際大衆以外ブランド以外のお店って、
常連様特典はあっても、それ以外がほとんどないんですよね(汗

なので、好きなブランドを購入するときは、年中関係なくいきます。

だって、いつもそれがそのお店の価値になっちゃってるので。

高いのが当たり前。

安くなるときがない・・・というより、その値段に価値を感じてるので。



そして、1度決まったお客様からみた価値を覆すのは無理だと思います

(もともとの値段より、料金を下げている場合
もともと低料金のお店は謳い文句により別だと思いますが・・・)



以前も言ってますが、色々な本にはお客様を操作する系の本も多いですが、

現実、お客様は頭がいいです。そして優しいのも事実です



私たちは犬猫じゃないので、今回はこうだけど、次回はこう!!なんて通用しません。


だから、価格競争に自分から突入して潰れるお店がたくさん出てくるのではないでしょうか??


まず気づいてください。

私もあなたも、私のお客様もアナタのお客様も、お客様はみんな大変頭がいいです。


小手先のものは、今までは通用したかもしれませんが、

どんどん通用しなくなっていっていることに。


そして、本質を見抜きますので、やってもいいですが、楽しませたいお客様が楽しめない状態になります。
(もともと利益のみをおっている方は別ですが)


現に、私が、サロンワークになれて、接客も調子良くなってきた時に、

私が調子に乗っちゃっいました(汗

2ヶ月後、他のスタッフのお客様に変化がないのに、私の予約がかなり空く状態に。


わかりますか??

お客様は敏感で頭がよく、素直に行動に出してくれます。
(すごく辛かったですが・・・)

逆にちゃんとしていると、それも行動に出してくれます。



ですので、私は小手先のものを推奨しません。実体験です。

小手先ではなく、本当に自分の意思で、考えでする事が大切なのです。



予約がかなり空いた時にそのことに気づいた私は、その時から今日まで、

常に初心を忘れてません。

ですので、それ以降、予約があくこと自体が、急用以外ではほとんどありません。



そして、このブログ自体も、皆さんにうまくいって欲しい!!もありますが、
私が初心に変えるためのブログでもあります(笑



私にとって、初心は、何故、お店を始めたのか??

私は何をしたかったのか???

ただ、ひたすら

『お客様に楽しんでもらいたい!!いいものを低料金で提供できて、誰にでも毎月通いたい!!&通える!!と
思える私が行きたかったサロンをつくりたい!!』

を実行してます。


私がお客様だったらしてほしいことをしています。

そして、さらにそれを加速させるために、本を読み、そのほか、いろいろな方法を使い、

『楽しんでもらいたい!!』 を実現できるように頑張ってます。


そして、それが伝わる事で価値に変わってくんだとおもいます。



綺麗事だと思う人は考え方を変えてください。

結局は 本質が大切 です。

そしてその本質を大切にしながら、できる限りの事をする事が大切なんですよね。



ですので、料金を下げたり、オフを年中していたり、限定を続けていたり、

とにかく元より料金を下げている方は、
お客様(私)から見てそれがあなたのお店の価値で当たり前になってます。


想像してください。

アナタの近くのお寿司屋さんがいつも50%引き!! と旗をあげていたら、

1000円が500円です。

500円が当たり前になりますよね。

いつも500円で食べているものに、たまに1000円出して食べますか??

私なら500円のときしか食べません。


だっていつも500円だったんだから。



じゃ、どうするのか???

昨日書きましたよね。


私の冊子を例にして書いたのですが、そのままです。

昨日私が書いた冊子の部分はここですが、

冊子には価値があって、それを理解する方が購入すればいいと言いました。



ではまずは、貴方が下げたその価値をまずは元にもどしたいですよね。


でも、先ほど、1度きめられた価値を元に戻せない!!といっているので・・・・


ではどうするのか???



みなさんも考えてくださいネ。

私も下げたことがないので、考えてみました。


これはその方によると思いますが、値段を下げた方は

12000円だった平均を8000円に下げた方は、私の能力では元の値段に戻せません(笑

ですが、私ならば、新しい価値を付けて、値段を元に戻す。
(下げたことがないので、やったことがありませんが、私ならこうする  です)

しかも、この時に昨日書いた ”納得できる時” をしっかりすることが肝心だと思います。

が・・・ 私では難しいです(苦笑




いつもオフしている方は、

当然ですが、それがアナタのお店の値段になってますので、これも難しいですよね。

いつみてもオフしてる~ ではなく、もともとオフの値段でしょ??となってます。

ですので、上の例と一緒で、私には難しいです(汗

するとしたら、そのオフの時の料金を標準の料金に変えます。

もちろん料金を下げた状態ですよね。

そこからは料金を下げた後に上げる時と同じことをします。



そして、いつも○○限定をしている方

これも上記と一緒です。



私なら、それをしてみて、ダメだったら、思考錯誤して打開策を考えます。


じゃ、この ○○オフ や、 料金を下げる や、 限定や、 無料 は使えないの??

本に書いてあるのは嘘なの??


いえいえ、 無料などは今インターネットでかなりの力を発揮してます

そしてうまく使っているお店様もたくさんあります。

そして、無料なのに、利益をあげてます

ん??


気づきましたか?? ここが大切なんですよね。


無料なのに利益をあげる??  ですが現実そうです(笑


矛盾してますがそうです。


ブログで説明すると、スグに真似する方が続出して、

今現在している方に迷惑がかかるのでもっと一般化してからにしますが・・。

↑私から見てですので、もしかしたら全然違う意図でやってるのかも(笑



先ほどの

○○オフ や、 料金を下げる や、 限定 は使い方によっては!!凄いです


では、それはどんな時???


それは次回にしますね。


今回は、○○オフ や、 料金を下げる や、 限定や、の使い方を間違えている方が多いので

今、自分自身が気づかないうちになっている デメリット を話しました。


じゃ、メリットは??


効果的に使った時に初めてメリットになるのが ○○オフ や、 料金を下げる や、 限定 の類だと思います。



本等に書いてあるのは、本当にやって結果が出ていることがほとんどですが、

それに至った経緯を理解してから使う事が非常に大切だと思います。


常に ○○オフ や、 料金を下げる や、 限定 等をしている方も、


~~~~~~~ここから本~~~~~~~~~~~

もしかしたら、お客様を操作系の本を見てやったのかもしれませんが、


その本では、開業当時からずっとそうしろ!!


そしてお客様に安くなってるよ~ とアピールしろっ!!


本当は500円だけど、1000円って書いて50%オフって書け!!


○月○日まで○○限定○○円 オフ を日にちが来たらまた3ヶ月ぐらい伸ばせ!!
それを何年も続けろ (これ現実にやっている人、知ってますww)


そしたらたくさん集客できるよ~って書いてありましたか???


~~~~~~~ここまでが本~~~~~~~~~~


ちがいますよね。 お客様に完全にその値段がそのお店の値段と思われてます。

そして、買い物に慣れているお客様には、完全に何をやってるかバレてますよ!!


だって、そういうお話、聞いたことありませんか??

あそこいつもオフやん~ とか、 また料金さげたねぇ~ とか。

そのお店に行ってない人が知っているんです。


だって、それを媒体に載せて、今以上に薄利小売しているのはあなたですから(汗


ですので、使う部分があるんですよね。(多分ですが)

たまに酷いことを書いている本もあるのが事実ですが・・・。
(以前堀江さんの本を読んで、バカ とか アホ とか書いてあったのには
内容はともかくすごくショックを受けました。)



実際上記のような事をすると、お客様にその値段の価値のお店と思われるだけです。

そして何度も言いますが、お客様は頭がいいのでスグに気づきます。



ちなみに、当店では一切していない!!と書いておりますが、

新人に関しては2000円オフです。


ですが、これに対しても、しっかり ”納得できる時 どんなとき?” をしてますので。


そしてそれが価値にも変わってます(嬉


そして、明日説明しますが、当店も 無料 を使ってます(笑




また、最近の傾向ですが、以前は新人2000円オフというと、

かなりの電話での問い合わせがあったのですが、

かなり安いお店が増えたので、新人2000円オフで!!の電話が減ってきました。



当店でも、かなりの電話予約を断ってる中で、『新人なら・・・・』と伝えても、
なかなかご予約が入らないということは・・・


それだけ、新人以外の価値が上がったともとれますよね♪



だって、正規の値段でスタッフにしてもらえるなら、このお店で、この料金払いたいけど、
(価値を感じてもらえている)
新人なら、まぁ他のお店でいいかなぁ・・・
(その価値が新人という形でなくなったら、ほかでもいいや・・・)


となっているから♪♪

そして、ハッキリ、『じゃ、今回は違うお店にしますので、また次回は早めに電話します!!』

と言ってくれる新規の方が、『新人2000円オフで!!』の電話が減った分、増えてるんですね(嬉


お客様 & 紹介でご来店される方 にも伝わってるんですね。



他店が一生懸命 オフや、無料、限定 をしている時に、正当な価値を出していたのが、

当然の価値としてついてきた証拠かもしれません。


まだまだ3年程度なので、結果はわかりませんが(笑



ちなみに当店はもともと低料金ですが、

周りは1級や認定講師のお店がたくさんあります。

私は3年半ぐらい前にネイルを知り、ポリッシュで自宅から初めました。


その私にとっては、私自身は快挙だと思ってます。

そして、施術料金でいうと・・・・・。


私個人では、↑の方に書いた平均(お店の)より高いです。



今回は大きくデメリットのみを言いましたが、私からみてうまく使えてる方もたくさんいます。


では次回は


効果的に ○○オフ や、 料金を下げる や、 限定 を使う方法です。


もちろん私のもそのまま例に出しますし、

そのほかのお店も出てきますので♪