ネイルサロンのノウハウサイト ブログを読みながら頑張りたい!!

わからないことは調べながら進んでくださいネ

自宅ネイルサロンのメリットで資本金のある大手に勝つ



自宅サロンの開業の準備の順番の最終となってますが、
実際はこれらは、たとえどんな小さな会社をしたとしても必要な事なので、
準備ではなく、すでに開業して相手を調査している場面です。


もちろん、いろいろ考えたからと言って、それが全ての人に受け入れられることはありません。
少しずつ修正修正をしていく事が大切です。


普通は、これらを先にするかも・・・ですが、
私は全く知らなかったので、ただひたすら真面目にやって、うまくいかなくて、
思考錯誤している時に気づき、さらにそこをつくことで一気に


前回

大手サロンに勝てるトコ? 自宅ネイルサロン開業の準備

で、上手くいっている人の言葉を真に受けると 
(本質には違いないし聞いてて気持ちがいい言葉ですが)
自分が遠回りをする羽目になるということは説明しましたが、
今回は資本がある男性が多い経営者のなかでその人たちに勝てるところで勝つ
というお話を・・・・・。


特に大手に目立つ内容になってますので、自宅サロン開業から始めた私にとっては
鬼の首をとったような凄い内容だとおもってます
また、スグに実行できるのも嬉しいですよね



いきなり最終の答えを言っちゃいますが、
現場の生のお客様の声を、そのまま反映させれるのが、アナタの個人自宅サロンであり、
大手のサロン(男性経営者が多い)では、現実問題それがなかなかできません


私がお客様としてネイルサロンに通っていた時に本当に思ったのが、
自分のお客様と思ってネイル施術している子が本当に少ない
(店長クラスでようやく少し意識してるなぁ・・・ ぐらいです)


もちろん、現実、自分のお客様ではなく、お店のお客様ですが・・・・


態度にそのまま出ている人も沢山います


そして、1番重要なところですが、お客様が言ったことを自分で止めてしまう・・・・


これをする子が1人でもいると、お店はうまくいかないと思います。


しかし自宅ネイルサロンで、自分が経営者のあなたは、お客様の生の声をそのまま聞けます


また、スタッフが、1人2人3人ぐらいであれば、
自分がネイル施術をしているので、話も聞こえますし、また女同士のお店なので、
お客様がこんな風に言っとたよ~ などと、生の声が届きます


この最大の大きな違い・・・ 分かりましたか



ここはどれだけ資本があろうが、どんなに立派な経営者だろうが、
自宅ネイルサロンの完全個人のアナタの目の届く範囲では
あなたが勝てる部分です


もちろん超高級サロン等では、最高のサービスをしている場所もあるかもしれませんが、
結局は現場の人たちは仕事として仕事をしているのです・・・。
機嫌が悪い時や、早く帰りたい時は・・・ 態度にでてますよね


比べてあなたは??仕事というよりは、自分のお店で、自分の力で集客したお客様に
仕事の態度はとりませんよね


完全に大きな差を上げれる部分です


仕事と生活の一部との違いなので、サービスに差が出ますし、
もちろんお客様も気づいてくれます


ただ、中には、自分のお店だから、自分の好きなように休んでみたり、
相手の都合ではなく、自分の都合を優先させる方もいますが・・・・・


↑のような自宅サロンは、近くにサロンができてからあたふたするか、
私は趣味程度でいい!!と開き直るかどちらかしかありません (実例あり)
趣味でなんとなくやっていればいいとおもいます
(そこが目標であれば目標を達成できたのでいい事だと思います)


もっと大げさに言ってしまうと、どんな大手にも勝てる唯一の場所が、
1人1人のお客様に精一杯尽くすのが自宅サロンをするあなたなのです
といっても、何も凄いサービスをするということではありません。


そして、現場のお客様の声を聞けるものあなたなのです。
もちろん、いい話も悪い話も聞ける状態です


資本金がある大手のサロンでは、現場の店長か、
スタッフでお客様の生の声は止まっちゃいます


いい話はしますが、悪いこと言われたりしても、わざわざ報告しませんよね


もし、素直に言ってくるような子であれば大事にするべきですが、
皆様も知っての通り、大手ではアピール上手か、ずる賢い子、
世渡り上手や資格所持者が上にいきますので
またピーターの法則もありますしね


いつの時代でも個人店は資本金が少ないスタートだと思いますが、
その分、枝の先までしっかりできるのも個人店の強みです


お客様がある程度の人数までは・・・・ですが


そして、今の時代のお客様が求めてるのが、大切にしてくれるお店です


もちろん技術も大切ですが、
それと同じくらい1人1人の方を大切にしてくれるお店が選ばれるのが現実です。


何度も言いますが0からの出発の私でも現実・・・ なので
もちろんお客様は大好きな方ばかりですので、大切も何も当たり前と思ってやってますが


この勝てる部分で大きく差をつけないと、
その他の部分で大手や、資本金があるお店と張り合っても結果は見えてます・・


今日の部分も、今までで調べた、自分のライバルになるお店のデータを駆使して、
勝てる部分を見つける


もちろんそれに答えなんかはありません。


人や、ライバルになる相手によって全く変わります。
(※詳細は冊子ですが、よーく考えていただければわかります)


現に私の地元と、このブログを見ている方では、ライバルも違いますし、
好まれるお店のタイプも違う可能性もあり、
さらには、求められている種類が違うかもしれません・・・・ が本質はいつも単純です。


深い内容は0からのサロン開業経営冊子に譲りますが、
ここまでの話でも十分にわかりやすいないようになってますよね。


0の時の私が見たら、目が飛び出ちゃう内容にしています


では今からあなたが何をするのか


勝てる部分はあなたのライバル、またできることにより、
人それぞれ違ってきますので・・・・・その部分を明確にする


これが今日のするべきことです


もちろん、大手サロンも自宅サロンも含めて考えてください


次回は、いるものの用意・・・・・・・です


誰でもできる超簡単な部分ですが、私なりの意見を軽く


イヨイヨ実際に、他の周りの方から見て、開業の準備ですが、
ここまでで、私の中では開業の準備は95%終わってます


逆にここまでやってなくて道具と資格を揃えただけの子は5%しか終わってないって事です(汗

でも現実にその5%の子達が沢山いて、
自分が思っているようにならず趣味で終わっていく現状が多いのも確かです。

その中から抜け出すには・・・・・・  知る事です


自分で勉強して知っていくのも手ですし、本で勉強するのも手です。

冊子は、私がやってきたノウハウ(手法、順番)がかいてあるので、
これらをつかうのも手です。


それはあなた自身が選ぶことですが、どちらにしても、

まずは知ることがスタートとなるのは間違いありません。


ps

勝てる部分がないという方もいるかもしれませんが、
もう一度よく考えてください。


私は、ネイルはマニキュアしかできずに、場所は分かりにくい奥まった自宅、
しかもスペースは2畳


道具も色の3原色レベルで


そんな私でも大手に勝てる部分を見つけて、中央突破しちゃってます
(この当時はそんな事考えてませんでしたが、結果そうなっちゃった・・)


考え方次第です。


このブログでは、これでもか!!というくらい細かく方法を書いてます。


既に、かなりの重要な方法を書いてますので、


やってみて分からないときなどは、聞いてくださいね