ネイルサロンのノウハウサイト ブログを読みながら頑張りたい!!

わからないことは調べながら進んでくださいネ

お客様があなたのサロンを選ぶ時の基準と、あなたの集客ツールについて



お客様がお店を選ぶ時の基準を知ってますか??


ちなみに、自宅サロンをする時には、1つ1つの障害を覗いていけば、順調に上手くいくのですが、
その1つ1つの障害の取り除き方を知らない、または、考えない方が大変多いです(^^ゞ

私自身、資格も技術もお金もないもない0から始めたので、
その1つ1つの障害を取り除かないと絶対にここまでこれてませんΣ(゚д゚lll)

ですが、全くの0から現実にやってきたからこそ、
その1つ1つの障害が嫌というほどわかり、逆にその障害さえ
1つ1つちゃんと取り除けば、うまくいくことを身をもって知り、現実にもうまくいきました。

また、同じ状態の方の抜け出す手助けをできてきている事に非常に嬉しく思います。

当然、自分が変わらないといけないことや、今すぐ変えるべき所もあります!
それらを無視して自分だけでやっていこうと思ったら、
かなりの時間と、失敗をする事になります。(私自身がしたので保証付きですw)

また、失敗をしずにいけた場合は、周りにお店ができたりすると・・・・ 
手が打てない状態ということにもなります。

ですが、1つ1つをしっかりすることで、不況だろうが、
(実際、私が始めたときは不況不況と言われていた真っ只中だったりしてますが)
景気がよかろうが、まったく関係なく、自分のするべき事をしていくだけなんですよね。

それを全てまとめたのが、経営開業冊子ですが、
当時の私と同じで全くの0でお金がない方も、是非、無料HPを見てみてください。
冊子には実際にやって来たことや、やり方、やるべき事が書いてありますし、
無料HPには、そのヒントや、考えるべきことがかいてあります(*^^)v

どんどんサロンが増えている中、うまくいっているサロンと全くうまくいってないサロンの差が開いていますが、その理由は知っているか、知らないか・・・だけの差だったりします。



ではでは、早速ですが、今日の お客様がお店を選ぶ時の基準を知ってますか?? です。

現在自宅サロンでも店舗サロンでもしている方は
チラシやポスター、ブログ、HP等々の集客ツールを作ったことがあると思います。

また、0から今からする方にとっては、やり始める前に!!しっかり考えて欲しい・・・・
欲しいというよりは考えることでアナタが大きく得をする部分です。

今回は実際の集客ツールを作る前に、絶対に知っておかなければならない
顧客心理についてですが、これを知らないと作ってみても・・・・残念な結果が待っています。

ちなみにこの顧客心理を考えないと、何をしても難しいです。
簡単に行っちゃうと、需要がないものを無理に売ろうとしているのと同じなので。
欲しくないといっている人に無理に売りつけるとかでも似ているとおもいます。

ですが、逆に顧客心理を少しでも考える事ができれば、
今は需要がないものでも、需要を生み出せる広告が作れる事になりますね。

経営開業冊子に書いてあることも同じですが、その顧客心理もかなり使われていて、
冊子を購入された方がまず経験して驚く、次回予約や紹介が増える理由が、
(↑現在サロンをしている方の場合)
この顧客心理が大元になり、書いてある事を実際に行動に移すだけで
リピーターや紹介が増える という結果になります。
※もちろん、顧客心理を最低限踏まえたうえでの集客ツールの作成方法も載ってます。
無料のHPにもヒントは書いてあります。

ほとんどの方が いつも考えてる!! と言いながらも・・・・
実際はほとんど考えれていません(^^ゞ

事実、私自身も、当初はほとんど考えれてなくて、
(もともとはお客様だった私自身が、お店側になるとできてないことがありますし
 人によっても違うのでそれらを含めた顧客心理です。)
実際に何千人というお客様を担当させていただき、
何万人というお客様とお話しさせていただきながら
考えつつ、””こうだ!!”” と思ってやってみても、
全然違うこともあり、全くダメだったことも何度もあります。

当然精度は上がって行きますが、それでも外すことはあります(^^ゞ
そこから徐々に近づけていく!!という作業を常にしてきました。

結果、新規客0から、毎日電話が何件もなるようになり、
お客様0から、2ヶ月先まで予約が埋まるようになったのですが、
それでもまだまだ顧客心理については奥が深く、
今現在もサロン仲間を通じて、勉強中です。
(私自身はリピーターと紹介でいっぱいの為、リピーター様と紹介様については、
 毎日考えながらこうしてみよう等と、常に勉強させてもらっています。)

また今現在では、それらを防ぐ為に、私自身は、今では一番確実な方法をとってます。
この方法をとって、顧客心理を元に何かをする場合は、
いきなりでも驚く程の効果があるのですが、
その確実な方法は冊子の中でご紹介してますが、
今現在お客様がいない方は、それ以前の問題になりますので、
まずは顧客心理を知る部分からがスタートになります。

また、この顧客心理というものは、私の中では行動経済学と一緒になってるのですが、
(ミクロやマクロはおいておいて)
お客様が自分の行きたいと思えるサロンを調べるところから、
気に入ってお友達を紹介してくれるところまで
実に幅広いですが、今回は一番最初に必要になる集客の部分での話です。

やはり、この集客の部分ができてない方が非常に多いと感じます。

中には、集客だけはできて、リピーターが全然出来てなく
ほとんど新規様・・・という方もいますが、
どちらも、
集客の顧客心理がつかめてないのと、
接客の顧客心理がつかめてない
と言えます。

接客時の顧客心理が掴めていないに関してはまた別の時に・・・。

みなさんも知ってのとおり、かなりの大企業でも、
何億というお金をかけた広告が、この顧客心理を考えずに出した結果
全く無駄にしちゃうこともシバシバあるというのは、よくある事のようです。

では、この顧客心理をはじめから ズバッ と当てれる人はいるのでしょうか??
マーケティングで有名な方の本を何十冊と読んでますが、
私が読んだ本の中では・・・・ 1人もいません。

では、有名な方たちはどうやっているのでしょうか??

実際に自身で、うまくいかなかった経験をしながら・・・・
顧客心理に合わせていく という作業をしています。

世界的に有名な方でもです。

もちろん、今現在の精度が、かなり高い方もいると思いまし、
中にはこの業種でこの方法なら鉄板!!という物を持っている方もいるようですが・・・・
その分、料金もかなり高くなるのは当然ですね(^^ゞ
理由は、その人に頼めば、スグに集客につながり、結果、現金につながるので。

私たちはそれを自分たちの手でしていかなくてはなりません。
だからこそ、顧客心理をしっかり考えて行動しなければ、結果が出るはずがないのです。

では、顧客心理が難しいことを知ってもらえたと思いますので、
いよいよ今回の あなたのサロンの入口についてなのですが、
お客様がお店を選ぶ時の基準とはなんだと思いますか??

そして、実際にお客様は、何を考えて、どうやって決めていると思いますか??

この部分だけでも、実に色々な要素がありますね。

そして、集客のツールによっても変わってきます。
チラシであればお客様の手に渡った時間帯や、紙のカラー等もそうですし、
ポスターであれば、貼ってある場所や、書いてある書体や大きさ等もそうだとおもいますし、
インターネットであれば順位やタイトル等もそうだとおもいます
まずは、中を見てもらう前の事をあげてますが、中を見てもらえたら、
キャッチコピーや写真や雰囲気なども大切になってきますよね。

それらを1つ1つ考えながら作っていくことが大切です。

私が今まで見た中では、これは見てもらえたら絶対にいい!!と思うものもありましたが、
見てもらえる前にお客様が離れて言ってしまう場合や、
逆にこれはみられても全然ダメだろうなぁ・・・と思うものでも、
毎月かなり沢山のかたに見られている方もいました。
※当然沢山の方にみられても反応はよくありませんので意味がないですが・・・。

どちらも、それぞれ一部分の顧客心理は考えれてても・・・・ 意味がない・・・ということですね。
(↑これは経営開業冊子の中では実際の全体を書いてますが、
 1部、1部ではなく全体として知っているのと知っていない、
 気づいているのと気づいていないだけでもかなり重要で大きく変わってくる部分です。)

今回は、チラシなども今すぐできるものではありますが、
このブログを見ている方であれば、完全に無料で今すぐできて、
やり始めるのが簡単なモノ・・・・ という観点から、インターネットでの説明をしてきます。

いま、パソコンやスマートフォンを操作して見ていると思いますので(#^.^#)

インターネットでの顧客心理を考えた場合、
他の媒体とは違ってもう一つ大きなポイントと私達サロンにとっては特典があります。

当ブログでは、何度も言ってますが、他の媒体とは違い・・・・
見込みのあるお客様自身が、興味をもって行動を起こしてくれているのです。
イヤイヤしたくないのに、インターネットを使いお店を検索する方はいません。
※当然ですが、ライバル店が調査として見ている場合もありますが(^^ゞ

そして、この見込み客の数は、年々増えてます。
チラシはお店側からお客様に渡すものなので別ですが、(ポストにいれるのも)
雑誌などは購買数の推移を見れば分かるのですが、ドンドン減ってます。
雑誌等が減っているかわりに、お客様が行きたいお店を調べるのに使うものが・・・
インターネットになっているわけですね。

もちろん、雑誌に慣れ親しんでいる方も当然いますので、
フリーペーパーや雑誌媒体、地元雑誌も力があります。
とくに、今のお金をもっている世代の方々は、
まだまだインターネットを使ってない方が多いですが・・・・

スマートフォンが増えるにつれ、インターネットで調べる方がドンドン増えてます。
といっても、紙媒体がいずれなくなる・・・とかはないので、
どちらも大切ですが・・・・。

ここからです。

紙媒体のフリーペーパーや、地元紙、雑誌を見た方も、
その後に、スマートフォンやインターネットで調べる方が多いです。

当店でも以前、地元紙に載せていた時は、
その紙媒体のみをみてからこられた方もいましたが、
多くの方は、紙媒体を見たあとに、
インターネットやスマートフォンをみて来られる方が多かったのです。
(ここではわかりやすく、インターネットとスマートフォンとかいてますが、
 パソコン、IPAD、携帯 等のインターネットを使える全ての機器を指しています)


もし・・・・ 当店がインターネットになかったら、
また、インターネット上で、私自身で作ってなく、業者に任せていて、
顧客心理を考えて作っていなかったら・・・。
(ここでいう業者というのは、私達サロンオーナーを顧客と考えている業者様のことで、
 中には、サロンオーナーのお客様を顧客と考えて、
 集客ツールを作ってくれるお店もありますが、
 多くの業者様が、サロンオーナーを顧客と考え、サロンオーナーのお気に入りの物を
 作ろうとしますが、本来、お客様を集客するためにつくるものなので、
 業者様も、サロンオーナーのお客様を顧客と考えている事が大切です。)

もっと魅力的な、他のお店をみて行ちゃっていたかもしれません。

ここでいう、魅力的なお店と言うのは・・・
カッコイイデザインや、洗練されたデザイン、色合いがイイ 等ではなく、
顧客心理に適った意味での 魅力的 ということです。

ここまで読んで気づいている方がほとんどだと思いますが、
まだ、具体的に顧客心理について全く言ってませんね(^^ゞ

ほとんどのお客様がお店を選ぶ時に考えていることは・・・

なんとなく

です。

ちなみに、こなくなる理由のNo1も・・・・・  です。
これを防ぐ方法は、今回の趣旨とは離れるのでまた今度にしまして。

なんとなく・・・と言われると、私達、集客をしたいと思っている側からすると、
なんて曖昧で、わからないことをいうのか!! と思うのですが、事実です。
そして、このお客様がなんとなく・・・・と思うこと自体も顧客心理です。

なので、私達がするべき事は、
なんとなくいい と思ってもらえるようなつくりをする必要があります。
当然 なんとなく でも なんとなく ではありません(^^ゞ  が、ここではあえて、
なんとなく という言葉を使って進めていきます。

そして、この ””なんとなくいい”” と思ってもらう為にするべき事の為には、

検索した時に表示されて、 なんとなくいい と思ってもらいクリックしてもらうところから、
ページを見てもらい、 なんとなくいい と思ってもらい、
内容をみてもらって なんとなくいい と思ってらい電話をする気になってもらい、
それを実際に行動に移すくらい なんとなくいい と思ってもらうことが必要になります。

知っている方は、この なんとなくいい の為に沢山の努力・・・・
というよりは、顧客心理にそって考えて作っています。

そして、この なんとなくいい を積み重ねることで、このお店に行きたい・・・になっていくのですが、
これも顧客心理として、自分の選んだお店は いい と思いたくなるのが普通です。
(自分の選択を肯定する為に)

ですので、ここまで来るだけでも、リピーターにする事に関して言えば、
他店を大きく一歩リードしていることになります。
が、このあとの接客や、技術等々により、さらに いい を増やせないと
まったくもって意味がないです。
(私としては、リピーターが増えないとお店をやっている意味があまりないと思います。
 もちろん、利益だけや、生活のためだけ!!という方の場合は
 常に新規様だけでも利益が出ればいいと思いますが、私なら!!です。)

先程から使っている なんとなく ですが、
これは深く考える事がないため なんとなく になっていますが、
実際は、それなりにちゃんと理由があります。

が、それはお客様1人1人によって違う顧客心理の なんとなく です。

人によっては、 有名なお店じゃないと嫌 という方もいますし、
高い料金を払わないと満足できない、納得できない
(高くないと信じれないという心理もありますが、
 高いからいいのだろう!という心理等もあります)
当然逆の 安いお店じゃないと嫌という方もいれば、
早さだけを気にする方もいますし、
スタッフだけをみて選んでいく方もいますし、
入りやすさを選んでいく方もみえますし・・・・ 
と、ここからは ○○という方もみえますし・・・ が沢山続きますので、
それぞれの考えで考えてください。

これがそれぞれの考えに沿って なんとなく の基準になっているのです。

では、これをインターネットの場合に当てはめて考えてみてください。

当然ですが、ネイルをしたいと思った方がパソコンの前にいったり、
携帯をとりだして、自分が行きたいと思えるお店を探し始めるのですが、
ここですでに第1のポイントがスタートしてます。


(((※ここでは関係ないですが、紙媒体は世帯数や、配る数で値段が決まるのですが、
   見たくない人、サロンに興味がない方にも配られてます。
   (ご飯しか見たくない人の家にも、地元だったら、土地にしか興味がない人にも)
   そして、その分も当然のように広告に載せる料金に入ってますが、
   インターネットでは世界中の方に無料で、しかも紙媒体と違い、
   興味がない方も見る場合がなく、何らかの興味がある方が調べているのが現状であり、
   無料ですので、当然インターネットの集客が盛んになっているのには納得できますね。)))


この辺は経営冊子に書いてますが、大きく顧客心理に働く場面になります・・・
といって、進んでもいいのですが、ここまで読んでいる方にサービスという事で・・・・

まずは、 ”””どのように検索しているか”””  という事を考える部分です。

これが第一の顧客心理を考える場所です。

当たり前のことですが、多くの方がこれ自体が出来てない上に、
やっているつもりでできてません
結果新規のお客様からコンタクトが少ないのです。

グーグルさんやヤフーさんが、いろいろな媒体を使い頑張ってくれたおかげで、
今までになかった新しいお客様の考え方ができて、
自分で行きたいお店を調べれる、探せれる、お店を比べられるようになっています。

それを踏まえて、サロンに行きたい!!と思ったお客様は、
どのように検索しているか!? 
をしっかり考えてください。

まず、ここで顧客心理を考えてない方は脱落しちゃいます(^^ゞ

以前から言ってますが、頑張っていても方向が違う事をしている方は結果が出ません。
まず第一の方向がここです。
ここの部分を頑張って考える必要があります。

これに関しては多くの方のHPやブログを見てますが、できてない方が多いです(^^ゞ
冊子購入者様の優先権を守る為にここでは書きませんのでこの部分の
顧客心理は各自にあった方法で考えてください(^^ゞ

そして、次に、 お客様が どのようにかして 検索して、
パソコンや携帯の画面に沢山のお店が出てきました。

ですが、ここであなたのお店が載ってますか??
ここでも顧客心理が働くのですが、単純に考えて順位が上の方のサロンの方が信用できる心理がありますし、
内容が出ている部分に自分が なんとなく行きたい と思った要素がかかれているお店がえらばれます。
よく書いてあることや、ありきたりのことが書いてあっても・・・・ とくに見たくないですよね(^^ゞ
(ここも含めて、自分で集客ツールを作成することを勧めています。)

お客様はどのような基準で、みるお店を選ぶと思いますか??
ココが第2になりますが ・・・・ ○○○○をみてクリックするお店を選ぶ です。
1つはさっきも言いましたが順位が上の方が有利になりますが、
順位が上でもお客様はそれだけでは選びません。
(現に順位が1位でも電話が極端に少ないお店を何件も知ってます。)

↑の ○○○○は下に(答え)内容が書いてありますが、見る前にあなた自身で考えてみてください。簡単なので。
※簡単なのと、実際にできているのとは全然違いますが・・。

順位が上のほうであれば、とりあえずは見てもらえると思いますが、
電話が少ない方は、パッ とみて、スグに違うページに行かれる方が多い・・・ということですね。

理由は簡単なのですが、顧客心理にあったことをしていない・・・ということです。

上の ○○○○ は タイトル のことなのですが、
このタイトル1つが、顧客心理の2つ目になるくらい大切なものなのですが、
しっかり考えてつけてますか??

ここでも大切なのが、顧客心理を考えて付けているかどうか!?ということです。

多くの方が、自分がつけたいように付けているのだと思いまうが、
この顧客心理の2つめのハードルはそんなに簡単なものでは・・・・ですね。

また、ここをみて来るお客様は、いきなり目的に変わる方もいますので、
タイトルだけではいけません。それに合わせた全体のモノが必要になってきます。
(この辺の詳細は直接的にリピーターや次回予約につながりますので冊子に譲ります)

多くのHPや、コンサルタントの方もいっているように、
キャッチコピーやタイトルは大切なものですが、
実際に私がやって来た時に一番大切にしたのは、上辺ではありません(^^ゞ
顧客心理を考えたからこそ、もっと大切な元があります。


そうです、インターネットで調べてもらって顧客心理を捉えてご来店いただく前に、
考えて、さらには絶対に徹底しないといけない事があるのですが、
それは今回のとは関係ないので、また機会があった時に・・。


ここでページを見てもらえて、さらにある顧客心理をクリヤーして電話をもらって
ご来店していただいても、全て無駄になるか、
リピーターになってもらえるかの違いになる部分です。 
(集客の全てと言ってもいい部分です  1部分1部分が全て大切です)

ですが、まずは新規様の電話をいただかないと始まらないので、このまま先に進みます。


ここまでで、顧客心理の2 のタイトルをみてクリックしてもらう!!部分まできました。

・・・きました!!と言っても、今現在お客様からの電話が少ない方は、
ここまでが出来てない場合がほとんどです。

ですが、1つ1つをしっかり考えてやっていくことで、ここまでは誰にでもできる部分です。
大げさに言うと、ネイルやエステやマツエクやカットができるできない関係ないです。

顧客心理を考え、それに合わるようにやっていくことで、誰にでもできる部分なんですよね。
そして、オーナーとしてやっている方が絶対にしないといけない部分でもあります。


当然ですが、ほかの集客ツールでも同じです。


今回のインターネットでの集客は、それらと比べても格段に簡単であり、
さらには・・・・ 結果がすぐ出るものなので、今回紹介してます。

第二の顧客心理のタイトルの部分をクリヤーして、
沢山のHPやブログの中からえらんでもらいクリックをしてもえて、
あなたのサイトやブログをみてもらうところまできました。

次に、何をしてもらいたいのか。
どんな方法であれコンタクトをとってきて欲しいですね( ´▽`)

はい、ここで3つ目の顧客心理ですが、
ここも、直接と重大な部分であり、多くの方が出来ていない部分です。
冊子を購入された方は、是非、色々な方のブログやHPを見てみて欲しいです。
できてない方がおおいですよね(^^ゞ
このコンタクトの部分も直接的に売上に直結する部分なので、冊子に~ となります。


・・・で、次に電話を入れる時の顧客心理で、予約の電話を入れる時のお話しですが、
今回はながくなっちゃったので、ここまでにして、続きは次回に・・・・・・・・・・。

※予定では次回のブログは続きの予定ですが、
 メールで多い質問については、先にその都度このブログでUPしていきますので、
 予定は未定という事で(#^.^#)



ps

今現在、全く0からの経営開業冊子
を購入されている方には
冊子もプレゼントしておりますので、
ご購入されたあとに、購入時のお名前と住所を書いて冊子の中にあるメールに送ってください。

先月からプレゼントとしてつけておりますので、
先月以前に購入された方も当然メールを頂ければ無料でプレゼントさせていただきます。

※あまりにもHPを作る方が増えてきた時や、購入されたかたが競合するようになる時点で
終了致しますので、よろしくお願いいたします。


ではでは、知らない方、やっていない方とドンドン差をつけていっちゃいましょう!!